須田 一政

1940年、東京都生まれ。1962年、東京綜合写真専門学校卒業。1967年から1970年まで演劇実験室・天井桟敷(寺山修司主宰)専属カメラマンとして活躍。その後1971年からフリーとなる。
1976年、「風姿花伝」により日本写真協会新人賞、1983年、写真展「物草拾遺」等により日本写真協会年度賞受賞、1985年、写真展「日常の断片」等により第一回東川賞国内作家賞受賞、1997年に写真集「人間の記憶」により第16回土門拳賞受賞。
2013年には東京都写真美術館で集大成展「凪の片」が開催された。
人や街、日常を被写体に驚くほどの多様性を繰り広げ独自の世界を創り出してきたその作品は国内外で高く評価されている。