高橋 宗正

1980年、東京生まれ。2001年に日本写真芸術専門学校を卒業し、2002年写真ユニットSABAにより写真新世紀優秀賞を受賞。
2010年に初の写真集「スカイフィッシュ」を赤々舎から刊行し、同時に個展「スカイフィッシュ」を開催。2011年より宮城県山元町で、東日本大震災における津波に流された写真を持ち主の元に戻す「思い出サルベージ」に副代表として参加。また、同活動の中から「Lost & Found project」を2012年に立ち上げ世界中の12ヶ所で展示を開催。この二つのプロジェクトをまとめた写真集「津波、写真、それから」を2014年に赤々舎より刊行する。2015年、写真レーベルVEROを立ち上げ、二冊目の写真集「石をつむ」を出版、2016年にPGIにて写真展を開催する。