オサム・ジェームス・中川

1962年、米国ニューヨーク市生まれ。1993年、ヒューストン大学修士課程修了(写真学)。現在、インディアナ大学・ルースH. ホールズ名誉教授、写真学科長。米国在住。

1980年代より本格的に写真制作を開始し、90年代より世界各地で数多くの個展・グループ展に参加。日本とアメリカという二つの国にまたがる自身のアイデンティティを踏まえ、様々な作品を制作、発表してきた。

主な個展に「窓:1989-1999」(ヒューストン写真センター、2000)、「バンタ:沁みついた記憶」(佐喜眞美術館、銀座ニコンサロン他、2009−2010)、「バンタ・クリフ+ガマ・ケーブ」(アルル国際写真祭、2012)、「沖縄 – オキナワ – OKINAWA」(京都造形大学、2013)、「沖縄 – ガマ/バンタ/リメインズ」(写大ギャラリー、2014)、「ガマ・ケーブス」(フォト・ギャラリー・インターナショナル (P.G.I.)、2014)、「Kai –廻– シリーズ」(セピアアイ・ギャラリー、NY)、「Eclipse: 蝕」(PGI、2018)など。

主なグループ展に「第一回東京国際写真ビエンナーレ」(東京都写真美術館、1995)、「コモン・グラウンド」(コーコラン美術館、2004)、「アフター・フォトショップ」(メトロポリタン美術館、2012)、「戦争 / 写真」(ヒューストン美術館他、2012)、「A Shared Elegy」(インディアナ大学 Grumwald Gallery、2017)など。主な受賞歴に第一回東京国際写真ビエンナーレ第2位 (1995)、 グッゲンハイム奨学金 (2009)、 第26回東川賞新人賞(2010)、「フォトシティさがみはら2014」さがみはら写真賞 (2014) など。

主な作品収蔵先に、メトロポリタン美術館、ジョージ・イーストマン・ハウス、コーコラン美術館、シカゴ現代写真美術館、ヒューストン美術館、クライスラー美術館、サウス・イースト・テキサス美術館、ネルソン・アトキンズ美術館、東京都写真美術館、清里フォトアートミュージアム、佐喜眞美術館など。