1968年、神奈川県に生まれ。1991年、東京造形大学造形学部卒業。1992年、同研修生修了。
自らの体験から「光、時間、生、死」をテーマに作品を発表している。また、フォトグラムという技法を用いて、水や氷など身近にあるもの、ビール、ウィスキーなどの嗜好品、昆虫の翅などに新たな命を吹き込み、視覚化している。
Gallery工房親、フォト・ギャラリー・インターナショナル、コニカプラザなどで個展を開催。グループ展も多数。2002年、コニカフォトプレミオ24人の新しい写真家登場入賞、2005年、資生堂第12回ADSP入選。