Image

略 歴
1931年福岡県に生まれる。1954年中央大学法学部卒業。1959年早稲田大学大学院美術史専攻修士課程修了。1959年、東松照明、細江英公、川田喜久治、佐藤明、丹野章らと「VIVO」を結成。1962-65年パリ在住。1970-74年ニューヨーク在住。1974年以降、東京を中心に活動。1999-2005年九州産業大学大学院教授。

 

受賞
日本写真批評家協会新人賞(1958年)、第2回ヴェネツィア国際写真ビエンナーレ銅賞(1959年)、日本写真批評家協会作家賞(1967年)、芸術選奨文部大臣賞(1968年)、第9回毎日芸術賞(1968年)、日本写真協会年度賞(1986年)、第3回東川賞国内作家賞(1987年)、紫綬褒章(1996年)、日本写真協会功労賞(2005年)、旭日小綬章(2006年)

 

個展
「円形への視野への散歩」九州産業大学美術館(福岡 2005年)、「円」(En - Circular Vision)丹波市立植野記念美術館(兵庫 2005年)、「Ikko Narahara」フォトフォーラム(ビエンヌ スイス 2004年)、「時空の鏡:シンクロニシティ」東京都写真美術館(2004年)、「円」ニコンサロン(東京および大阪2004年)、「天」(HEAVEN)フォト・ギャラリー・インターナショナル[以下P.G.I.](2003年)、「天」(HEAVEN)京都造形芸術大学 Gallery Raku(京都2003年)、「Ikko Narahara」ヨーロッパ写真美術館(パリ2002-03年)、「王国」島根県立美術館(2002年)、「人間の土地」島根県立美術館(2000年)、「Zen」ピッコロ・テアトロ・ストレーレル(ミラノ イタリア2000年)、「円」バーソウフォトギャラリー(1999年)、「消滅した時間  1970-1974」P.G.I.(1998年)、「消滅した時間」台中攝影藝廊(台中 1997年)、「ポケット東京 1992-1997」コニカプラザ(1997年)、「ポケット東京」、「東京スカイライン」コニカプラザ(1995年)、「Tokyo, the '50s」モール(1995年)、「ブルーヨコハマ」パストレイズ・フォト・ギャラリー(横浜 1994年)、「1万5千回の夜の間に」プラザ・ギャラリー(1994年)、「ブロードウェイ」、「復活の都市・1990」P.G.I.(1991年)、「天頂の街ベルガモ」ウナックサロン(1989年)、「人間の土地1954−1957」P.G.I.(1987年)、「無国籍地」ウナックサロン(1987年)、「星の記憶」パルコ・ギャラリー(1987年)、「魅惑のヴェネツィア」プランタン銀座および大丸ミュージアム(1987年)、「ディジタル・シティー」ニコンサロン(1986年)、「肖像の風景」有楽町朝日ギャラリー(1985年)、「光と闇 二つの世界」ウォーカーヒル美術館(ソウル1985年)、「アムステルダム・フォト'84」(アムステルダム 1984年)、「夜光都市・ヴェネツィア」ニコンサロン(1983年)、「空気遠近法」西武コンテンポラリー・アート・ギャラリー(1983年)、「Ikko Narahara」フォトグラファーズ・ギャラリー(ロンドン 1981年)、「朝倉響子彫塑集 光と波と」丸善画廊(1980年)、「ヴェネツィアの光」ニコンサロン(1980年)、「Ikko Narahara」(シャルロア ベルギー 1980年)、「光の回廊 サン・マルコ」和光ホール(1979年)、「ジャパネスク−近くて遙かな旅」ニコンサロン(1979年)、「ブロードウェイ 1973-1974」飯田画廊別館(1977年)、「Ikko」ライト・ギャラリー(ニューヨーク 1975年)、「静止した時間」写大ギャラリー(1975年)、「Ikko's America」ニコンサロン(1974年)、「Ikko」ジョージ・イーストマン・ハウス国際写真美術館(ロチェスター 1973年)、「Ikko」ナイクルー・ギャラリー(ニューヨーク1973年)、「生きる歓び」渋谷西武(1972年)、「スペイン 偉大なる午後」池袋西武(1970年)、「スペイン 偉大なる午後」富士フォトサロンおよび壹番館画廊(1965年)、「ブルー ヨコハマ」月光ギャラリー(1960年)、「カオスの地」富士フォトサロン(1960年)、「城」丸ノ内ギャラリー(1959年)、「王国」富士フォトサロン(1958年)、「人間ノ土地」松島ギャラリー(1956年)

 

グループ展
「昭和の風景」東京都写真美術館(2007年)、「澁澤龍彦幻想美術館」埼玉県立近代美術館(さいたま市 2007年)、「VIVO」写大ギャラリー(2007年)、「山口県立美術館コレクション写真展<写真にみる戦後日本>」砺波市美術館(2007年)、「昭和の記憶」群馬県立館林美術館(2006年)、「写真/長崎」長崎県美術館(2005年)、「In the Center of Things」アリゾナ大学・センター・フォー・クリエイティブ・フォトグラフィー(ツーソン 2004年),「日本写真史展」ヒューストン美術館(2003年)、「日本の写真 1945-1975」シュリー館(パリ2003年)、「VIVO」展 島根県立美術館(2003年)、「Peace Art」ニューヨーク、東京、他(2002-03年)、「馬へのオマージュ」東京都写真美術館(2002-03年)、「写真と20世紀の風景」東京国立近代美術館(2002年)、「Viva! ITALIA」東京都写真美術館(2001年)、「ギリシャ・フォトフェスタ The Spirit of Religion」スコペロス写真センター(ギリシャ2001年)、「P.G.I.ギャラリー・アーティスト展」フォト・ギャラリー・インターナショナル(2000年)、「写真表現の軌跡/第2部 日本の写真:1950年代から現代まで」東京都写真美術館(1999年)、「写真再発見 東京国立近代美術館の写真コレクションより」東京国立近代美術館フィルムセンター(1999年)、「戦後日本のリアリズム1945−1960」名古屋市美術館(1998年)、「1953年 ライトアップ 新しい戦後美術像が見えてきた」目黒区美術館(1996年)、「写真都市TOKYO」東京都写真美術館(1995年)、「日本現代写真史展」の総合展示「記録・創造する眼」三越本店(1995年)、「戦後文化の軌跡 1945−1995」目黒区美術館(1995年)、「澁澤龍彦画廊展」日動画廊(1995年)、「Hyogo Aid '95 by Art: 23 Artists」日本各地を巡回(1995年)、「Reflection of Venice」プリンストン大学美術館(プリンストン 1994年)、「Quest For the Moon」ヒューストン美術館(ヒューストン 1994年)、「時代をひらいた写真家たち1960−70年代」東京都写真美術館(1993年)、「54 Master Photographers of 1960−1979」国際写真センター(ニューヨーク 1991年)、「日本写真の転換 1960年代の表現」東京都写真美術館(1991年)、「写真の1955−65 自立した映像群」山口県立美術館(1991年)、「Venice」ニューチャーチ美術館(アムステルダム 1991年)、「東京−TOKYO」有楽町西武アートフォーラム(1990年)、「International View Point」ヒューストン美術館(ヒューストン 1990年)、「日本の写真家8人展」P.G.I.(1988年)、「写真1945−1985」ハンブルク工芸装飾美術館(ハンブルク 1987年)、「Houston and the Rodeo」ヒューストン・フォト・フェスト・ビエンナーレ(ヒューストン 1986年)、「1910−1970 Japon des Avant-gardes (前衛芸術の日本 1910−1970)」ポンピドゥー・センター(パリ 1986-87年)、「パリ・ニューヨーク・東京」つくば写真美術館 '85 (1985年)、「20世紀の写真・ニューヨーク近代美術館コレクション展」西武美術館(1982年)、「国立国際美術館所蔵展」国立国際美術館(1982年)、「Das Imaginare Photo-Museum」フォトキナ(ケルン 1981年)、「第1回シャルロワ国際写真トリエンナーレ」(シャルロワ 1980年)、「Japan: A Self-Portrait」国際写真センター(ニューヨーク 1979年)、「Fleeting Gestures: Dance Photographs」国際写真センター(ニューヨーク 1979年)、 「Fotografia Giapponesse Dal 1848 Ad Oggi」(シャルロワ 1979年)、「VIVO」サンタバーバラ美術館(サンタバーバラ 1978年)、「アルル国際写真フェスティバル」に招待出品(アルル 1978年)、「Locations in Time」ジョージ・イーストマン・ハウス国際写真美術館(ロチェスター 1977年)、「Neue Fotografie aus Japan」グラーツ市立美術館(グラーツ 1976年)、「New Japanese Photography」ニューヨーク近代美術館(ニューヨーク 1974年)、「世界の10人展」マックマスター・ギャラリー(カナダ 1974年)、「岡本太郎 爆発」銀座松屋(1968年)、「現代写真の10人」東京国立近代美術館(1966年)、「NON」松屋(1962年)、「現代写真 1959」東京国立近代美術館(1960年)、「第2回ヴェネツィア国際写真ビエンナーレ」(ヴェネツィア 1959年)、「日本主観主義写真展」富士フォトサロン(1958年)、「10人の眼」小西六フォトギャラリー(1957、58、59年)、「第1回国際主観主義写真展」に招待出品、日本橋高島屋(1956年)

 

パブリックコレクション

 

出版物
「無国籍地 Stateless Land - 1954」クレオ(2004年)、「時空の鏡」新潮社(2004年)、「円En - Circular Vision」クレオ(2004年)、「Ikko Narahara」ヨーロッパ写真美術館(2002年)、「天 HEAVEN」クレオ(2002年)、「奈良原一高」<日本の写真家31>岩波書店(1997年)、「ポケット東京」クレオ(1997年)、「Tokyo, the '50s」モール(1996年)、「消滅した時間 1970−1974」<再編集版>クレオ(1995年)、「空 Ku」リブロポート(1994年)、「Japanesque」フェデリコ・モッタ社、ミラノ(1994年)、「デュシャン大ガラスと瀧口修造シガー・ボックス」みすず書房(1992年)、「ブロードウェイ」クレオ(1991年)、「人間の土地」リブロポート(1987年)、「ヴェネツィアの光」流行通信(1987年)、「星の記憶」パルコ出版(1987年)、「砂の上の太陽 −林英美子編」人文書院(1986年)、「肖像の風景」新潮社(1985年)、「ヴェネツィアの夜」岩波書店(1985年)、「空気遠近法」現代版画工房<詩・田村隆一、写真・奈良原一高>(1983年)、「昭和写真・全仕事 9 奈良原一高」朝日新聞社(1983年)、「光の回廊 サン・マルコ」ウナックトウキョウ(1981年)、「プラネタリー・ブックス 18 写真の時間」(松岡正剛との対談集)工作舎(1981年)、「朝倉響子 彫塑集 光りと波と」パルコ出版(1980年)、「日本の美 現代日本写真全集 第9巻 近くて遙かな旅」集英社(1979年)、「ソノラマ写真選書 9 王国 沈黙の園・壁の中」朝日ソノラマ(1978年)、「Seven from Ikko」<ポートフォリオ>ウナックトウキョウ(1977年)、「消滅した時間」朝日新聞社(1975年)、「生きる歓び」毎日新聞社(1972年)、「映像の現代1 王国」中央公論社(1971年)、「奈良原一高 ポートフォリオ ヨーロッパ」筑摩書房(1971年)、「ジャパネスク」毎日新聞社(1970年)、「スペイン 偉大なる午後」求龍堂(1969年)、「八木一夫作品集」求龍堂(1969年)、「ヨーロッパ・静止した時間」鹿島研究所出版会(1967年)