佐藤信太郎 作品展 「東京|天空樹 Risen in the East」

2012 年 1 月 13 日(金) − 2 月 25 日(土)
2月4日(土)は16時よりイベント開催のためお申し込みの方以外はご入場いただけません

 

「戦火を奇跡的に逃れた京島界隈の歴史ある独特の街並の向こうに最新のスカイツリーが見えると、様々な歴史 の層が入り交じる東京の厚みを強く感じる。」(佐藤信太郎)

始まりは東京スカイツリーのライティング完成予想図の背景写真を撮って欲しいという依頼でした。
「非常階段東京」で広い俯瞰の視線で東京の街を捉えた後、その見方以外にどうやって街と対峙していいのかわ からなくなってしまっていたと語る佐藤は、この依頼のために数カ所から大型カメラで将来タワーが眺望できるだろ う街並みを撮影しました。

スカイツリーについての話を聞き、強い関心を寄せるようになる中で、自身が生まれた土地、そして被写体としてき た東京の東側に起こる変化を感じ、結果的には 2 年半に及ぶことになるスカイツリーとその周辺の撮影を開始し ました。

今作では、日々刻々と空へ伸びて行くスカイツリーの変化に対応する為、従来使用していた大判カメラを機動性の 高いデジタルカメラに持ち替え、よりディテールを精密に捉えるために複数のカットをつなぎ合わせて一枚の写真 を制作しています。そうしてできた細部の全てが合焦したパンフォーカスの画面は、一種独特な広がりを見せます。 それはあたかも人間の視覚の曖昧さを脳が補い、「私が見た光景」として記憶の中で作られる完璧な風景に限り なく近づくようです。

絵巻物では「異時同図法」という表現方法が用いられます。複数の時間と事を様々な視点で描いたそれはしかし 一人の絵師によってその時代を、また浮世絵は東京の原型である江戸を描いたものです。スカイツリーを取り巻く 現代の東京を撮る作者はこの絵巻・浮世絵の世界に強くシンパシーを持ち、中心の無い画面の中を視線がいつま でも彷徨う絵のあり方が自身の想像力を刺激すると語っています。

また、土地の持つ歴史や記憶と、それによって現れる特有の雰囲気(ゲニウス・ロキ、地霊)についても触れており、 「明治、大正時代の東京のランドマーク凌雲閣(浅草十二階)があったことを思うと土地の持つ記憶がスカイツリー を呼び寄せたかのようにも想像してしまう」とも話しています。

新たな土地の歴史に現れたスカイツリーというシンボルを軸に、土地が持つロマンと有機的にうごめく街、人々の 営みを捉えました。
本展ではカラープリント約 20 点を展示致します。

 

佐藤信太郎 (さとう しんたろう)
1969 年東京都生まれ。1992 年東京綜合写真専門学校卒業。1995 年早稲田大学第一文学部卒業。共同通信社 に入社。2002年フリーランスとなる。
■ 個展:「夜光」コニカプラザ(1998年 東京)、「非常階段東京」ギャラリー・ル・デコ(2004年 東京)、「TwilightZone」フォト・ギャラリー・インターナショナル(2005年 東京)、「TokyoTwilight Zone-非常階段東京-」フォト・ギャラリー・インターナショナル(2008年 東京)。
■ グループ展: アサヒ・アート・フェ スティバル2006「TokyoEastPerspective写真展 墨東写真」(2006年東京)、「BetweenRealityandIllusion」マ ーティー・ウォーカー・ギャラリー(2007年ダラス アメリカ)、「風景劇場‐空間に繰り広げられるドラマ」北海道立 旭川美術館(2009 年 北海道)。作品は清里フォトアートミュージアム(北杜市)でコレクションされている。
■ 受賞: 平成 21 年日本写真協会賞新人賞、平成 21 年千葉市芸術文化新人賞

 

佐藤信太郎写真集
「東京|天空樹 Risen in the East」

寄稿: 細馬宏通(『浅草十二階』著者)
アートディレクション: 中島雄太
版形: B4変形 104 頁 並製
出版: 青幻舎
2011 年 12 月 20 日発売

定価: 3,990円(消費税込み)

お求めはこちらから