清家冨夫

WATERSCAPES

2001.11.27(火) - 12.20(木)
Photo Gallery International

清家冨夫

WATERSCAPES

2001.11.27(火) - 12.20(木)
Photo Gallery International

  • ©Tomio Seike

Tomio Seike (清家冨夫) はポートレートやヌードなどの作品で知られる写真家です。ロンドン、ニューヨーク、東京を拠点にし、その多くは海外で活躍しています。近年は独特な心象風景にも積極的な取り組み、1997年にP.G.I.で展示した「PARIS」は誰もがパリと識別できるシンボルを捉えるのではなく、何気ない風景の 35mmのファインダーで切り取られたその断片からまぎれもない「PARIS」を感じさせる作品でした。


今回の最新作「WATERSCAPES」は、イギリス南部の田園地帯を中心に、川や池などの生命の源でもある水、そしてその周辺に佇む瑞々しい草木が織りなす静かな調和に満ちた風景を、微妙な光と影による明暗で表しています。作者自身によるプリントは調色を施され、さらに深みを増し、卓越したプリントの美しさもあいまって、静謐な雰囲気に満ちた作品となっています。


モノクローム作品21点を展示いたします。

清家 冨夫〈セイケ トミオ〉

1943年生まれ。独立した後ロンドンに渡り、1974年に帰国してからはファッション雑誌を中心にエディトリアルフォトの分野で活躍。1984年に最初の発表をした「ZOE」のシリーズを契機に、ロンドンのハミルトン・ギャラリーをはじめ、海外のギャラリーと契約している数少ない日本人写真家として本格的な作家活動を続けている。ハミルトン・ギャラリー(ロンドン,イギリス)、ウェストン・ギャラリー(カーメル,アメリカ)を中心に個展多数。