小島公子

私とポートレート

2001.5.8(火) - 5.26(土)
Photo Gallery International

小島公子

私とポートレート

2001.5.8(火) - 5.26(土)
Photo Gallery International

  • ©Kimiko Kojima

  •   

小島公子は1994年から約5年間ニューヨークに滞在し写真を学びました。その間、作者が日々出会った人々は、年齢、国籍、職業、性別などさまざまですが、それぞれが生きている社会の中で、ポジティブな夢や野心を抱いて生活している人々でした。個々の持つ意識や自信が個性として外観から伝わって来た時、作者は彼らの「今」の姿を写真にとどめたいと強く感じるようになり、ポートレートの撮影を始めました。

 

これらのポートレートは、作者自身とモデルとの気持ちのつながりや、互いの距離感を含めた平等のレベルとして、敢えてヌードで撮影されており、「その人自身」を表現していると言えるでしょう。

 

今回は初めての個展となり、20余点のモノクローム作品を展示致します。

小島公子(こじま きみこ)

1969年東京生まれ。桑沢デザイン研究所リビングデザイン科および写真研究科を卒業。ファッションモデルとして活躍する。1994年ニューヨークヘ留学。1996年ハンター・カレッジ(ニューヨーク)ESL修了。1998年ICPにてGeneral Studies修了。ニューヨークでプリンターやスチールカメラマンを経験。帰国後、フリーランスとなる。

主なグループ展に「ヤング・ポートフォリオ展」清里フォトアートミュージアム(1999年)がある。

パブリックコレクション:清里フォトアートミュージアム