石元泰博

2001.4.5(木) - 4.28(土)
Photo Gallery International

石元泰博

2001.4.5(木) - 4.28(土)
Photo Gallery International

  • ©Kochi Prefecture, Ishimoto Yasuhiro Photo Center

  •           

フォト・ギャラリー・インターナショナルは下記の日程で石元泰博作品展を行いま す。

写真家石元泰博が、これまでにレンズを通して捉えてきた「顔」は実に多様です。代表作の「ある日ある所」(1948—52年)や「シカゴシカゴ」 (1958—61年)では、ハロウィンを楽しむ子供たちや、街角を行き交う人々の「顔」の表情に焦点があてられています。1953年以降、東京でもシカゴ と同じように、街角の人々をテーマにして撮影、後に「東京の視感」(1954)、「東京の顔」(1963)、「新宿の街角」(1965)などが雑誌に連載 されました。

 

1965〜69年に、日本の新進芸術家や俳優たちのポートレートを発表。彼らの個性的な「顔」が石元の巧みなアングルによって写し取られています。

 

平安時代(8〜12世紀)に描かれ創られた、東寺「伝真言院両界曼荼羅」の大日如来像(1973年撮)や「湖国の十一面観音」(1980年撮)の観音像は、最も理想的な人の「顔」として的確に捉えられ、今や貴重な記録となっています。また、日常的なスナップショットでも、店先や道端にカメラを向け、壁に描かれた「顔」、あるいはポスターや看板などの「顔」を数多く写しています。

 

さらに、近作の「流れ」(1997—2001年)では繁華街を行き交う人々にカ メラを向けていますが、ここでは敢えて個々の「顔」を捉えようとはせず、雑踏を行き交う群衆のうつろな表情を流し撮りしています。あたかも石元はその群衆 の流れに逆らうかのように、ファインダーを覗かずにシャッターを切り続け、21世紀を迎えた現代人の「顔」を象徴的に捉えています。

 

本展は、1946年の習作から現在までの数千点に及ぶプリントから、約150余点を選出し構成されています。

 

また本展は高知県立美術館で開催される「石元泰博:1946−2001」写真展(4月1日〜5月27日)の開催を記念して企画したものです。

石元泰博(いしもと やすひろ)
1921年サンフランシスコに生まれる。1924年に両親とともに高知県に戻り、1939年に高知県立農業高校を卒業するまで高知で過ごす。1939年単 身で渡米し、1948年から1952年までシカゴ・インスティテュート・オブ・デザイン(通称ニュー・バウハス、のちのイリノイ工科大学)写真科に学ぶ。 1953年日本に戻り、1958年から1961年まで再びシカゴに滞在。1969年日本国籍取得。1996年平成八年度文化功労者。現在、東京在住。