杉山守

ポートフォリオ:静物

2001.3.2(金) - 3.31(土)
Photo Gallery International

杉山守

ポートフォリオ:静物

2001.3.2(金) - 3.31(土)
Photo Gallery International

  • ©Mamoru Sugiyama

杉山守は、広告写真家としてキャリアを築き第一線で活躍していますが、今回展示する作品は自らの制作活動25年を振り返り、心に残った作品を焼き直したもので す。大学在学中の1975年に発表した「ガラスビン」に始まった『静物』へのこだわりは、その後も変わることなく続いています。

 

「さりげないガラスビンに逆光をあてて、ガラスが光に溶けるのが好きだった」と 25年前の当時を語っているように、光と影に象徴されるモノクローム表現の中で、作者が捉えたガラスや金属、人や物、諸々なものたちは、特有の表情を創り出しています。 この四半世紀(1975〜2000)に、作者がレンズを通して見てきたこれらの『静物』をポートフォリオとしてまとめました。

 

本展では25点から成るポートフォリオに新旧作を加えて、白黒プリント作品、約30点を展示する予定です。

杉山 守〈すぎやま まもる〉

1951年 愛知県生まれ。1976年 日本大学芸術学部写真学科卒業。在学中にAPA展特選受賞(1975年)。(株)日本デザインセンター入社。1977年 ニューヨーク近代美術館 パーマネントコレクション。1978年 ADC賞受賞。1979年 準朝日広告賞部門賞。1980年 毎日広告デザイン賞入選、カレンダー展通産大臣賞受賞。1983年 フリーランスとなる。1993年 朝日広告賞 グランプリ受賞、ADC賞受賞(共にモス・フード・サービス)。 1999年5月「A Silent Noon」(P.G.I.)、今回で2度目の個展。