望月 正夫

木霊

2000.6.1(木) - 7.15(土)
P.G.I. 芝浦

望月 正夫

木霊

2000.6.1(木) - 7.15(土)
P.G.I. 芝浦

  • ©Masao Mochizuki

1997年-2000年に撮影された写真家  望月正夫の最新作。普段歩き慣れた街中で出会った、枝を切り落とされた樹木たちの奇異な姿を捉えた作品。自然以外のコントロールによって姿を変えた都市の樹木は、すべての条件に従順で寡黙に変形しながら、壮絶に生命の美しさを湛えている。暗示に満ちたそれらのフォルムを記録した作品は、その神秘に如何に気付けるかを見る者に問いかけているようでもある。

 

出品点数: 半切(14×17インチ)白黒プリント  約40点 展示予定。

望月正夫(もちづき  まさお)

1939  大阪生まれ。 1963  東京綜合写真専門学校卒業。 1997  個展「チョーダの庭」を四谷MOLEで開催。1998 個展「テレビジョン1975-1976  」をP.G.I.芝浦で開催。  1999年 11写真の会賞を受賞。 5ヘルテン国際写真フェスティバル1999(ドイツ)へ「テレビジョン1975-1976  」を出品。