杉山守

変態

2009.7.2(木) - 7.18(土)
Photo Gallery International

杉山守

変態

2009.7.2(木) - 7.18(土)
Photo Gallery International

  • ©Mamoru Sugiyama

杉山守は身近にある「もの」にレンズを向けて、日常生活の中にあるありふれた「もの」や光景を撮り続けてきました。これらの作品は、2001年に「Still Life」として、2003年に「LIFE」、2006年には「日常茶飯事」として発表されました。

モノクロームの光と影がその存在感を浮き彫りにするという表現方法で撮り続ける杉山の視点は、やがて裸婦に向けられていきました。それは草花を這う幼虫であるかのように静かにそこに存在していて、杉山は、生まれたままの姿である裸婦に生きていることのリアリティーを見出し、写真にしています。これらの一連の作品は、ありふれたものや日常の風景と同様に一定の距離感を保ちながら捉えられていますが、「もの」のリアリティーや「生命」のリアリティーをより一層浮き彫りにし、殻を脱ぎ捨てて、変わっていく姿を象徴しています。作者自身の心象やこれからの生き方とも深く結びついていますが、あくまで日常生活 のなかで写真と向き合うという作者の姿勢に変わりはありません。

 

今回の展示は、モノクロームで捉えた作品30余点を展示いたします。

杉山 守(すぎやま まもる)
1951年 愛知県生まれ。1976年 日本大学芸術学部写真学科卒業。在学中にAPA展特選受賞(1975年)。(株)日本デザインセンター入社。1978年 ADC賞受賞。1979年 準朝日広告賞部門賞。1980年 毎日広告デザイン賞入選、カレンダー展通産大臣賞受賞。1983年 フリーランスとなる。1993年 朝日広告賞 グランプリ受賞、ADC賞受賞。

個展に「A Silent Noon」 フォト・ギャラリー・インターナショナル[以下P.G.I.] (1999年)、「ポートフォリオ:静物」P.G.I.(2001年)、「LIFE」P.G.I.(2003年)、「日常茶飯事」(2006年)がある。