片桐飛鳥

Light Navigation

2005.2.15(火) - 3.18(金)
Photo Gallery International

片桐飛鳥

Light Navigation

2005.2.15(火) - 3.18(金)
Photo Gallery International

  • ©Asuka Katagiri

スター・ナビゲーションという太古からの航海術は、夜空の星や海の波のうねりを頼りに、外洋を航海する技術ですが、Light Navigationは、光を頼りに光から導き出されるものを表わしています。

 

作者は何年も前から光そのものを見たいと願っていました。何日も同じ空間に通いその空 間に現れる光を見ていると、光は様々に色を変え、そして、かたちを変えて行きました。やがて、混ざり合い浮かび上がる光の画は、見つめている空間の中央を中心として、光が一定の法則に従って混ざり合って画を形成していました。

 

今回の展覧会『Light Navigation』は、前作の「Kuu, 2003」とその延長にある新作「Light Navigation」(ともにカラー作品)を約60点でまとめたものです。

 

撮影対象は空。
シャッターを切り、フィルムが捉えた光をそのままプリントに投影しています。

片桐 飛鳥(かたぎり あすか)
1971年東京都に生まれる。1994年日本大学芸術学部写真学科卒業後、流行通信社に勤務。1996年フリーランスとなる。個展「KAZE」アートコ クーン(2001年 東京)、「Pacific+」アートギャラリーWALL(2002年 東京)、「the Sea」アートコクーン(2002年 東京)。グループ展「代官山インスタレーション’01ドローイング」ヒルサイトギャラリー(2001年 東京)、「soul containers – 1」アートコクーン(2002年 東京)、「kuon +」フォト・ギャラリー・インターナショナル(2003年 東京)ほか。