PGI
ホーム |  ログイン
カテゴリ
保存・額装用品 写真材料 書籍・ソフト    ポスター    写真集      海外作家      国内作家        影山光洋        熊谷元一        高橋宗正        高橋和海        高梨豊        佐藤信太郎        山田脩二        新井卓        新山清        神蔵美子        須田一政        杉山守        星野和夫        千葉禎介        大西みつぐ        大脇崇        竹之内祐幸        中山岩太        潮田 登久子        田淵行男        内藤正敏        入江泰吉        畠山直哉        八木清        平間至        片桐飛鳥        芳賀日出男        名取洋之助        林忠彦        圓井義典        濱田祐史        奥村光也        久保田博二        原直久        高田邦彦        今道子        坂田栄一郎        三好耕三        森山大道        清家冨夫        石元泰博        川田喜久治        渡辺義雄        奈良原一高        普後均        北野謙        堀野正雄        目羅勝        鈴木理策        齋藤亮一      オムニバス      Photo Poche    図録    技術書    評論、その他    カレンダー    本立て    雑誌・ムック    プレゼントにおススメ P.G.I.メンバー
特価商品 ... 新着商品... おすすめ商品... 全商品...
お知らせ


インフォメーション
重要なリンク
Security Information

川田喜久治: The Last Cosmology

10,800円





1995年に出版された写真集「ラスト・コスモロジー」がロンドンの出版社「MACK」より新たに出版されました。

「二十世紀最後の金環蝕や皆既日蝕、金星蝕などに続き、昭和期という象徴の終焉がありました。僕は昭和のはじめに生まれ、大きな戦争を少年期に、それからの復興と成長の時代を生き、晩年を迎えつつあります。この写真によるコスモロジーはイリュウジョンと同時に現実を同梱した時代と精神のコスモロジーでもあるのです。」

「ラスト・コスモロジー」は、1969年の最初の撮影に始まり昭和の終焉、そして世紀末のカタストロフィまでを捉えたシリーズです。 1995年に評論家の福島辰夫氏の監修のもと写真展とそれに付随する形で写真集が出版されるまで、約30年の間、「ザ・ラスト・テン」「スカイ」などのタイトルで写真雑誌への掲載などを続けてきました。

昭和という時代は、日本が戦争、そして天皇制の崩壊を体験した時代です。幼少期に戦争を体験し、作品「地図」で戦争〜戦後を追・実体験した川田にとって、昭和の終わりはひとつの大きな時代の終焉として深い感慨を持つものでした。ちょうど同じ頃に、20世紀日本で見られる最後の金環日蝕があり、天空のドラマチックなショーと、時代の終焉と言うふたつの「終わり」を体験した川田は「最後のイメージ」という言葉がメタファーとして強く写真の中に写り込んで来るのを感じたと言っています。一群の写真は、この「最後のイメージ」がきっかけとなりラスト・コスモロジーと名づけられました。

嵐や雷、竜巻などの異常気象に僕はいつも心を引かれ、そこに、時代と自分が暗黙のうちに混ざり合うカタストロフィを想像すると、カルマンの渦のような多彩な深みをのぞきたくなります。

その後も撮影は続き、世紀末へ向けて「『最終的な変化』に至るプロセスがより加速されて見えること」を見せた「ZENO – The Last Cosmology」をP.G.I.にて1996年に開催。1998年には「ロス・カプリチョス」「カーマニアック」シリーズとともに「カタストロフ三部作」として写真集「世界劇場」にも掲載されています。

今春、ロンドンの出版社「MACK」より同タイトル「ラスト・コスモロジー」が新たに出版されます。これは今までの作品集を復刻させたものではなく、未発表のものも含めたセレクションから編集し、世紀末から15年を経た現在からかつての終焉を見つめたまた新しい解釈の作品となりました。「私ではなく貴方がイメージするコスモスの色」という川田の問いに対するMACKディレクターのMichael Mackからの返答が写真を反転させた表紙の白となりました。写真に対して写真集を「最終的なオブジェ」と位置づけるMichael Mackに写真家が共鳴し出版されるこの写真集は、MACKからは初の日本人作家タイトルとなります。
86ページ
67図版 三色刷
24x32cm


出版:MACK, 2015.04年

通常価格: 10,800円
P.G.I.メンバー価格: 10,260円(5%引)



購入数量:       



この商品に関するお問い合せはこちらから