PGI
ホーム |  ログイン
カテゴリ
保存・額装用品 写真材料 書籍・ソフト    写真集      海外作家      国内作家        影山光洋        熊谷元一        高橋宗正        高橋和海        高梨豊        佐藤信太郎        山田脩二        新井卓        新山清        神蔵美子        須田一政        杉山守        星野和夫        千葉禎介        大西みつぐ        大脇崇        竹之内祐幸        中山岩太        潮田 登久子        田淵行男        内藤正敏        入江泰吉        畠山直哉        八木清        平間至        片桐飛鳥        芳賀日出男        名取洋之助        林忠彦        圓井義典        濱田祐史        奥村光也        久保田博二        原直久        高田邦彦        今道子        坂田栄一郎        三好耕三        森山大道        清家冨夫        石元泰博        川田喜久治        渡辺義雄        奈良原一高        普後均        北野謙        堀野正雄        目羅勝        鈴木理策        齋藤亮一      オムニバス      Photo Poche    図録    技術書    評論、その他    カレンダー    本立て    雑誌・ムック    プレゼントにおススメ P.G.I.メンバー
特価商品 ... 新着商品... おすすめ商品... 全商品...
お知らせ


インフォメーション
重要なリンク
Security Information

川田喜久治:遠い場所の記憶 1951-1966

10,800円





fapa book vol.3
川田喜久治「遠い場所の記憶:1951 – 1966」

第三回目となる代官山フォトフェアに合わせ、川田喜久治「遠い場所の記憶:1951 – 1966」が刊行されました。本作には、1951年から1966年という、川田が写真家としてのスタイルを確立した最初期の作品群が纏められています。フォトフェアのメインビジュアルにも使用され、アルス・カメラ月例にて木村伊兵衛、土門拳に評価され、写真家としての出発点となった作品から、未発表の作品まで、激動の時代を川田ならではの図像によりとらえた写真集です。「過去の記憶だけでなく、未来への記憶もそこに潜んでいることを知らせてきます。ここで未視感と既視感も体験できるのです。この累々たる写真がリアルなイメージをなげかけて来るのはそのようなときなのです。時代も場所も超えて。」と語る川田喜久治の「写真のはじまり」の中に、過去、現在、未来の三つの記憶となる世界が広がります。巻末には、作家による原稿および、東京国立近代美術館のキュレーター増田玲の寄稿を日・英併記にて収録。
=説明文より=

写真:川田喜久治
テキスト:川田喜久治、増田玲
アートディレクション:田中義久
判型:230 x 180 mm
頁数:304頁
掲載作品:192点
製本:ソフトカバー
発行年:2016
初版:1000部
制作:FAPA (日本芸術写真協会)
発行:Case Publishing


装丁:ハードカバー
出版:Case Case Publishing, 2016年

通常価格: 10,800円
P.G.I.メンバー価格: 10,260円(5%引)



購入数量:       



この商品に関するお問い合せはこちらから