PGI
ホーム |  ログイン
カテゴリ
保存・額装用品 写真材料 書籍・ソフト    写真集      海外作家      国内作家        新井卓        井津建郎        潮田 登久子        大西みつぐ        奥村光也        久保田博二        今道子        佐藤信太郎        島尾伸三        杉山守        須田一政        原直久        高田邦彦        竹之内祐幸        細江英公        坂田栄一郎        高橋宗正        内藤正敏        濱田祐史        三好耕三        森山大道        圓井義典        八木清        清家冨夫        石元泰博        川田喜久治        渡辺義雄        奈良原一高        普後均        北野謙        堀野正雄        目羅勝        鈴木理策        齋藤亮一        森下大輔        影山光洋        熊谷元一        高橋和海        高梨豊        山田脩二        新山清        神蔵美子        星野和夫        千葉禎介        大脇崇        中山岩太        田淵行男        入江泰吉        畠山直哉        平間至        芳賀日出男        名取洋之助        林忠彦        片桐飛鳥      オムニバス      Photo Poche    図録    技術書    評論、その他    カレンダー    本立て    雑誌・ムック    ポスター    プレゼントにおススメ    PGIレター    バッグ    ポストカード
特価商品 ... 新着商品... おすすめ商品... 全商品...
お知らせ


インフォメーション
重要なリンク
Security Information

佐藤信太郎:Geography

11,000円



「Geography」は、1992年の冬に東京湾岸の埋め立て地の地面を8×10の大型カメラで撮影したシリーズです。

「この写真を見ていると作者でも距離感がよくわからなくなる。都市の下にある地面がそのまま、都市を上から見た衛星写真のようなイメージに変わる。埋立地の地面がどこかの惑星の表面のようにも見えてくる。遠近法を否定した、ただの平面が様々な距離やイメージの揺らぎを生み出している。
その後、主に東京をテーマに都市風景を撮影し続けているが、一見何の関係もないこの作品は、都市の底にある地形に対する関心、密度や細部に対するこだわりなど、現在の自分の作品にどこか繋がっているように感じている。」
佐藤信太郎
(収録テキストより抜粋)

「佐藤はなぜこのような写真を撮り始めたのだろうか。それはその時点で、都市風景、とりわけ東京の風景こそが、その後の彼の最も重要な写真撮影の営みになっていくという予感があったからだろう。佐藤はこの「Geography」のシリーズで、写真家としてのスタートラインを引き直しているように見える。結果として、彼は常に変容し、捉えがたく、定まった形を持たない東京のあらゆる要素がそこから伸び広がっていく、「風景の零度」とでもいうべき眺めを手に入れることができた。カメラを手に東京を巡り歩く彼の長い旅は、まさにその出発点となる、足元の「地面」を見つめ直すことから始まったのだ。」
飯沢耕太郎
(収録テキストより抜粋)

著者:佐藤信太郎
執筆:飯沢耕太郎
造本設計:町口覚
判型:370×263(B4変形)
頁数:66頁
製本:ハードカバー
発行年:2019.06
出版社:ふげん社
言語:日本語、英語
500部限定 エディション・サイン入り


出版:ふげん社



購入数量:       



この商品に関するお問い合せはこちらから