PGI
ホーム |  ログイン
カテゴリ
保存・額装用品 写真材料 書籍・ソフト    写真集      海外作家      国内作家        新井卓        井津建郎        潮田 登久子        大西みつぐ        奥村光也        久保田博二        今道子        佐藤信太郎        島尾伸三        杉山守        須田一政        原直久        高田邦彦        竹之内祐幸        細江英公        坂田栄一郎        高橋宗正        内藤正敏        濱田祐史        三好耕三        森山大道        圓井義典        八木清        清家冨夫        石元泰博        川田喜久治        渡辺義雄        奈良原一高        普後均        北野謙        堀野正雄        目羅勝        鈴木理策        齋藤亮一        森下大輔        影山光洋        熊谷元一        高橋和海        高梨豊        山田脩二        新山清        神蔵美子        星野和夫        千葉禎介        大脇崇        中山岩太        田淵行男        入江泰吉        畠山直哉        平間至        芳賀日出男        名取洋之助        林忠彦        片桐飛鳥      オムニバス      Photo Poche    図録    技術書    評論、その他    カレンダー    本立て    雑誌・ムック    ポスター    プレゼントにおススメ    PGIレター    バッグ    ポストカード
特価商品 ... 新着商品... おすすめ商品... 全商品...
お知らせ


インフォメーション
重要なリンク
Security Information

井津健郎 : FUZHOU

8,800円





日本人写真家、井津建郎の中国・江西省の抚州(ふじょう)を3年に渡り撮影した写真集。

「私が馬氏に初めて出会ったのは2016年11月でした。その15年前に馬氏は新しく建設されたダムによって、ふるさとである中国・江西省の抚州(ふじょう)の一部がもうすぐ水底に沈むことを知りました。明朝や清朝の石づくりの邸宅や周囲に 繁る樹齢千年級の木々も永遠に失われてしまう。この事態をなんとか回避しようと馬氏は奮闘しました。」&mdash 井津建郎 

一部でもいいからふるさとを救おうとした馬氏は思い切った行動に出た。このためだけに何百キロも離れた場所にリゾートを建設し、沢山の建物を物理的に解体し、一万本を超える木々と一緒に移送して再現した。この歴史ある村に残された荘厳な邸宅や伝統的建造物を後世に残そうとした一人の男の情熱に感動した作者は、この写真プロジェクトを立ち上げた。水没を免れた村でも多くの若者は大都市へ職を求めて去り、村には老人だけが残る。彼らはそこで生まれ、先祖がしたのと同じ場所で生活し、死にたいと願う人達がまだ暮らしていた。祖先の霊を祀った祭壇が残っている家も多かった。祭壇の替わりに毛沢東主席の古いポスターを掲げている家もあった。家と共に古びていった、文化大革命時代を象徴するレーニンやマルクスの古色蒼然とした写真も飾られていた。抚州はダム建設の前にここで生きた人々の生活の名残を今に伝える象徴的な場所になった。こうしてできた『抚州・忘れられた大地』は、過去への懸け橋となる可能性を持ちながら、文明発展という大義の陰に消えていった地球上の様々な場所を想起させる。打ち捨てられた村、荒廃した家屋、最後まで残った住人たちは、人がそこに生きていた証である。
by Kenro Izu

2020年刊行
Nazraeli Press刊
ハードカバー/ケース付き
写真図版数71点
日本語・英語・中国語

作家サイン入り



出版:Nazraeli Press



購入数量:       



この商品に関するお問い合せはこちらから