レイ・メツカー

(1931 - 2014)
アメリカ

1931年、ミルウォーキー(アメリカ)生まれ。1956年から1959年、イリノイ工科大学シカゴ・インスティテュート・オブ・デザインで、写真家のハリー・キャラハン、アーロン・シスキンドに学ぶ。1959年に初めての個展をアート・インスティテュート・オブ・シカゴ(イリノイ)で開催、1967年にはニューヨーク近代美術館での個展など、ローレンス・ミラー・ギャラリー(ニューヨーク)をはじめ、メジャーミュージアムを含む47以上の個展をその生涯にわたって行っている。
2013年J.ポール・ゲティ美術館での大規模な回顧展を最後に、1962年から故郷と決め被写体とし続けてきたフィラデルフィアにて、2014年10月83歳で死去。
作品はニューヨーク近代美術館、サンフランシスコ近代美術館、ヒューストン美術館、メトロポリタン美術館、東京都写真美術館など、多くの研究機関や美術館で収蔵されている。

CV