濱田祐史

R G B

2018.9.7(金) - 10.27(土)
PGI

濱田祐史

R G B

2018.9.7(金) - 10.27(土)
PGI

  • Cine Still Film 800 ©Yuji Hamada

  • Agfa Vista plus 400 ©Yuji Hamada

  • FND IRO 200 ©Yuji Hamada

  • Rollei Nightbird ©Yuji Hamada

“R G B”(2018)

 

子供の頃、近所のプールで日光浴をしている時に見た光の印象が、眩い白色だったことを覚えている。

光の白色は光の三原色(赤、緑、青)が混ざり合ってできているということが、子供だった私には理解できなかった。

 

今でも、黒い影を見ると、たくさんの色が混じって白色ができているというのは、やっぱり不思議だな、と思う。

私たちは何かを見る時、見えているものや状景を頭の中で取捨選択していて、光と影は取り立てて意識されることはない。

その光と影という普遍的な現象に対峙して、フィルムに露光された光の色自体を見てみたくなったのだ。

フィルムの持っている色を意識的に見るために、自然光とその影のみを撮影し、プリントは一定条件に統一した。

 

くっきりはっきりとは見えない。そこには見えないことによる美の存在があった。

 

濱田祐史  2018.7.20

 

本作「R G B」は「C/M/Y」に続き、色と光を考察する作品の第二弾となり、光の三原色をテーマに据えています。フィルムに露光された色と粒子そのものを見たい、という思いから、白をバックに影を被写体として、R(赤)G(緑)B(青)のフィルターを使用し、多重露光で撮影しています。

写真の持つ要素のひとつである「記録」もこの作品のもうひとつの側面です。身近に入手することのできるカラーネガフィルムを買い集め、それぞれのフィルムが持つ色や粒子のポテンシャルを可視化するため、撮影や暗室での条件を統一しました。それぞれの作品タイトルは使用したフィルムの名前になっており、図鑑や標本のように、現在入手できるフィルムが表現する色を意識的に保管しています。個人的な視座に端を発しながらも、制作の手法をフィルムの特性に委ねることで、現代を記録しようという試みです。

一般的に写真作品では、具体的なモチーフが被写体になりますが、実体を写さず影を撮影することで「〇〇は何色」という既成概念から逃れ、相対ではなく純粋にそこにある色を見せています。また、多重露光という光の重なりは、抽象的なイメージに空間を作り出しました。モチーフの不在は、写真の持ちうる空間性と想像域を広げ、作品を見る私たちは「見えないことによる美」の存在に思いを馳せることができます。

 

 

<濱田祐史 x 布施英利 (批評家) トークショー>

日時       2018年 10月5日(金) 18:00 〜

定員       30 名
参加費    500 円(当日お支払い下さい)

 

申込先:MAIL.info@pgi.ac  FAX. 03-5114-7936 

 

詳しくはこちら

濱田 祐史(はまだ ゆうじ)

1979 年大阪府生まれ。2003 年日本大学芸術学部写真学科卒業後出版社に勤務、2006 年より フリーランスフォトグラファーになる。写真をメディアとして「『見る』とはどういうこと なのか、『見えない』とはどういうことなのか」という問いかけをもとに撮影、制作をしている。 

近年の主な個展に、PGI(東京)にて「Pulsar + Primal Mountain」(2013) 「C/M/Y」(2015)、「Broken Chord」(2017)、ミュンヘンのGALLERIE f 5.6での「photograph」「Primal Mountain」(2016)がある。

2014年、ヴェヴェイ(スイス)のフォトフェスティバル” Images” にてPrimal Mountainのインスタレーションを展示。2015年、エクスアンプロヴァンスフォトフェスティバル(フランス)、ニューヨークのコンデナスト ギャラリーでのグループ展に参加。

2014年に初の写真集 「photograph」がParis Photo/ApertureのFirst Photobook Award 2014にノミネートされるなど、東京を拠点に活動し国内外で作品発表をしている。

2015年には印刷技術も写真表現のひとつとした写真集「C/M/Y」 、スイスにて滞在制作した作品集「BRANCH」が出版された。 

 

 

PGI Exhibitions

2017.5.10 7.8 Broken Chord
2015.8.18 10.17 C/M/Y
2013.5.7 6.29

Pulsar + Primal Mountain