トミオ・セイケ

1943年東京生まれ。 1970年に日本写真学園を卒業後、写真家林忠彦のアシスタントを勤める。1974年に独立、ロンドンに渡る。1985年、最初に発表した「ZOE」のシリーズを契機に作家活動に専念。

ポートレートやヌードなどの作品で知られるが、近年は独特な心象風景にも積極的な取り組んでいる。

 

PGI Exhibitions

2012年 OVERLOOK
2011年

little 8 silver prints

2009年

NUDE

2007年

LIGHT ON DUST – Glynde Forge –

2001年

WATERSCAPES

1997年

「PARIS」