1931年、福岡県大牟田市に生まれる。1954年に中央大学法学部卒業後、早稲田大学大学院で美術史を学ぶ。大学院在学中に長崎・端島、桜島・黒神村に頻繁に通い、1956年に写真展「人間の土地」として発表、大きな反響を呼ぶ。1958年には、和歌山の婦人刑務所と北海道の修道院を撮影し、写真展「王国」を開催、日本写真批評家協会新人賞を受賞する。
1959年、川田喜久治、東松照明、細江英公、佐藤明、丹野章らと写真エージェンシー「VIVO」を結成。パリ、ニューヨーク、東京と拠点を移しながら活動。1967年に写真集「ヨーロッパ・静止した時間」を出版し、翌年1968年日本写真批評家協会作家賞、芸術選奨文部大臣賞と毎日芸術賞を受賞。1985年には写真集「ヴェネツィアの夜」で日本写真協会年度賞を受賞。2002年、ヨーロッパ写真美術館で大規模な展覧会が行われるなど、国際的にも高く評価されている。

CV