奈良原 一高

1931年福岡県生まれ。1959年早稲田大学大学院(芸術学専攻)修士課程修了。在学中の1956年に、初個展「人間の土地」が大きな反響を呼び、写真家としての活動をはじめる。
1959年、東松照明、細江英公、川田喜久治らとセルフ・エージェンシー「VIVO」を結成(1961解散)。その後、パリ(1962-1964)、ニューヨーク(1970-1974)と拠点を移しながら活動。1974年帰国後も世界各地を取材し、多数の展覧会を開催。写真集も数多く出版し、国際的にも高い評価を受ける。

 

PGI Exhibitions

2015年 Japanesque 禅
2003年
1998年 「消滅した時間 1970−1974」
1991年 「復活の都市・1990」
1991年 「ブロードウェイ」
1988年 「日本の写真家8人展」
1987年 「人間の土地  1954−57」