大西みつぐ

1952年、東京深川生まれ。1974年、東京綜合写真専門学校卒業。1970年代から生まれ育った東京の下町、湾岸地域などを中心に、そこに暮らす人々の生活をカメラに収め続けている。1985年に「河口の町」で第22回太陽賞、1993年に「遠い夏」により第18回木村伊兵衛写真賞を受賞する。写真展、著書も多数。また、大学や専門学校で若い世代の指導や、カメラ雑誌などでの執筆、コンテスト審査員なども務めている。

2016年、初の監督作品「小名木川物語」が完成予定。