大西みつぐ

1952年東京生まれ。1974年、東京綜合写真専門学校卒業。1985年に「河口の町」で第22回太陽賞、1993年に「遠い夏」により第18回木村伊兵衛写真賞を受賞する。デビュー作となる「Wonderland 1980-1989」から現在に至るまで一貫して、生まれ育った東京の下町と湾岸エリア、そしてそこに集う人間の所作を考察と撮影の対象として、作品を作り続けている。自身の視線を「眺める」視線と言い、被写体との独特の距離感には、目の前の光景に表象される時代への、作者自身の態度が垣間見ることができる。

 

 

 

PGI Exhibitions

2016.11.2 12.22 NEWCOAST
       

 

 

 

関連展覧会

2021.4.1 4.25

地形録東京・崖」 コミュニケーションギャラリーふげん社

2021.3.5 4.17

路上の温度計  1997–2004」 Zen Foto Gallery

2020.11.2 11.26 銀座奥野ビル306号室プロジェクト10周年記念企画展 –306–」 銀座奥野ビル306号室
2020.8.5 8.19 まちのひかり  深川  1980 / 2020」 深川江戸川資料館レクホール
2020.6.11 6.28

東京2020  コロナの春」 コミュニケーションギャラリーふげん社

2019.10.1 10.19

New Coast 2  なぎさの日々」 コミュニケーションギャラリーふげん社

2019.7.17 8.10

少年伝説」 KKAG (Kiyoyuki Kuwahara Accounting Gallery)

2019.3.26 4.15

まちのひかり」 ニコンプラザ新宿

2017.6.2 6.8

New Coast (1995)」日本写真協会賞受賞作品展 富士フイルムフォトサロン

2017.3.21 4.8

川の流れる町で」 コミュニケーションギャラリーふげん社