1978年生まれ。写真の原点を探るうちダゲレオタイプを知り、試行錯誤ののち同技法を習得。対象に出会った時の感覚を、時間と空間を超えて、見るものに生々しく伝えることのできる<小さなモニュメント>として、自身のメディアとしてきた。核の歴史に興味を持ち始めた2010年から、第五福竜丸の船体や元船員に出会い、その後、福島、長崎、広島、と撮るべき対象に自然にめぐり合ってきたという。

近年は映像制作、執筆のほか、ゲティ美術館、北京精華大学をはじめ内外の美術館・大学等で公開講義を行うなど多岐にわたる活動展開。これまで、ボストン美術館、サンフランシスコ近代美術館、森美術館、東京国立近代美術館ほか、国内外の多数の展覧会に参加。2014年に英国ソースコード・プライズ(現Solas Prize)、2016年には第41回木村伊兵衛写真賞および日本写真協会新人賞、神奈川文化賞未来賞続けて受賞。

東京国立近代美術館、スミソニアン博物館、ボストン美術館、サンフランシスコ近代美術館、東京都写真美術館、ギメ美術館ほか多数の美術館に作品収蔵。単著に『MONUMENTS』(PGI, 2015)などがある。

2016年よりAtomic Photographers Guildメンバー、2017年より国立民族学博物館館外研究員(放射線影響をめぐる「当事者性」に関する学際的研究)。