石元 泰博

(1921-2012)

1921年サンフランシスコ生まれ。3歳で両親の故郷である高知県へ移住、1939年に18歳で再度渡米。1948年、シカゴのインスティテュート・オブ・デザイン(以下ID)に入学し、アーロン・シスキンやハリー・キャラハンらの元、ニューバウハウスの教育を受ける。1953年に写真家として訪日。シャープで理知的な石元の写真は、当時、新鮮な驚きを持って迎えられたという。この年、代表作のひとつである「桂離宮」を撮影する。石元作品の特徴とも言える、素晴らしい造形へのまなざしは他に類を見ない。「シカゴ」や「東京」を捉えたシリーズ、そして「桂離宮」、「曼荼羅」、「伊勢神宮」など多数の作品を残した。2004年、1万点を超える全作品を高知県立美術館に寄贈。

文化功労者、紫綬褒章、旭日小綬章、紺綬褒章受章。
2012年2月6日 逝去。享年90歳。正四位、旭日重光章追贈

 

PGI Exhibitions

2021.6.10 8.3 石元泰博生誕100年記念作品展  Yasuhiro Ishimoto
2012.5.8 6.16 シカゴ, シカゴ
2011.11.7 12.22 両界曼荼羅
2009.6.16 6.30 色とかたち
2008.6.10 7.4 東京
2007.6.4 6.30 シブヤ、シブヤ
2006.5.25 6.30 On The Beach
2005.4.5 4.28 シカゴ 1966
2003.9.3 9.26 桂離宮
2003.9.3 9.26 「街かど 2002-03」
2001.4.5 4.28
1998.2.5 3.20 「水と人のながれ」
1998.3.3 3.27 「KATSURA」
1997.3.5 4.25 「シカゴ時代」
1996.2.19 3.30 「色と遊ぶ」
1995.4.5 5.19 「雲、紙、雪のあしあと, 伊勢神宮」
1992.1.10 2.21 「落ち葉とあき缶」
1989.11.10 12.8 「桂」
1988.4.1 4.27 「花」
1986.2.3 2.28 「街 ひと かたち」
1983.8.22 9.8 「山の手線 29」
1983.8.22 9.8 「シカゴ、シカゴ II」
1982.8.20 8.31 「ある日ある所」
1982.3.15 8.31 「シカゴ、シカゴ」

 

 

関連展覧会

2021.6.18 7.20 キヤノンフォトコレクション 石元泰博写真展「色とかたち」 キヤノン S タワー2F
2021.5.22 9.20 石元泰博コレクション展「桂離宮 1981-82」 高知県立美術館
2021.3.27 5.14

石元泰博コレクション展「Nude」 高知県立美術館

2021.1.16 3.14

生誕100年 石元泰博写真展 高知県立美術館

2020.10.10 12.20

生誕100年 石元泰博写真展 伝統と近代 東京オペラシティ アートギャラリー

2020.9.29 11.23

生誕100年 石元泰博写真展 生命体としての都市 東京都写真美術館